04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

絹遊会 ~胴裏・八掛~ 

5月20日の火曜日。

絹遊会という呉服屋さんの二世、三世の方々のグループに混ぜていただき

福井のほうに勉強会(見学会?)に行ってまいりました。

この絹遊会というグループ、何が素晴らしいかというと…

みなさん必ずお着物姿で集まるのです。

そして更に素晴らしいのは、

みなさんとてもお着物姿が素敵なのです

とてもお洒落でかっこよろしいんです。

福井織元見学 051shou

鯖江と言えば眼鏡!!

と、いうことで

めがね会館にお邪魔しました。

その後昼食に。

福井に来たからには、もちろん越前そばを。

昼食


さてさて昼食後ようやくお勉強会開始。

本日見学させていただくのは胴裏・八掛を織っておられる

福島織物株式会社さん。

古来からの技法を守り、羽二重を織っておられます。

福井織元見学 002shou

福井織元見学 003shou

このようにして整えられたたて糸に

水で湿らせたよこ糸を織り込んでいきます。

福井織元見学 011shou


着物って表面の生地や柄ばかりが目に行って、

裏まで見ることって少ないんですよね。

でも八掛の色一つでお着物が古臭く見えてしまったり、

モダンに見えたりと、本当はとても大事な部分だと思います。

このように実際に丁寧に大和魂を持って作っておられる現場を見ると、

着物というのは見えないところまで手を抜かない

日本の技術の集結品のような気がします。

このような技術が耐えることなく継承され続ける為にも、

着物の良さを伝え、

着物を楽しんでくださる方を増やさねば

と、思いました。

丁寧にご説明くださった社長さん方、ありがとうございました。
福井織元見学 028shou




スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

アトリエ理の草花 

アトリエ理のお庭には様々な草花が生息しております。

ここ最近の陽気で草花はみるみるうちに成長しております。

今朝、庭を見てみると

先日たくさんお水を撒いたおかげでしょうか?

姫菖蒲 001shou

姫菖蒲が花を咲かせていました。

初夏の日差しに青紫の花がなんとも清々しく、

見ていて気持ちがよくなります。

その他にも、雪ノ下やつわぶき。

姫菖蒲 003shou

門の前には

姫菖蒲 006shou

舌をペロリと出した蛇のような草が。

また、都忘れも満開です。

姫菖蒲 008shou



毎日お庭を眺めていると、

ちょっとした変化が見られ

草花が季節の移り変わりを私たちに教えてくれます。


そんなお庭がアトリエ理の魅力の一つです。



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

居合道 

5月4日の日曜日。

今日は端午の節句イベント居合道の演武です。

端午の節句ということで

菖蒲の花でお出迎え。

居合道 023shou


青紫の花がなんともすがすがしく、

凛とした力強さも感じられます。


居合道 001shou

端午の節句は男児の健やかな成長と…

という挨拶で始まり

居合道 007shou

その後は、真剣が空気を切る音だけが響く。

見ている側にまで伝わる気迫。

武道は「気」を鍛える。

と、聞いたことがありますが

本当にそのような気がします。

演武を披露していただき、

その後真剣での試し切り。


観客が固唾を呑んで見守る中、

一瞬にして丸められた茣蓙が切り分けられました。


最後に観客のみなさんに真剣を持たせていただきました。

居合道 013shou


予想外の重さにみな驚き、

こんな重いものを持ってよくあのような滑らかな動きが出来るものだと

先程見た演武の華麗な動きに改めて感動しました。

演武をしてくださった中森先生は親切にも

みなさんの質問にも答えてくださり

中身のある満足感たっぷりの時間になったと思います。


やっぱり武道はいいですね。

袴姿にグッときました

そして、あのしまりのある動き。

あぁ。

素敵・・・

演武を披露してくださった中森先生と東出先生。

本当にありがとうございました。

本当に本当に素敵でした





未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。