07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

成長 

半袖では少し肌寒いくらい、ずいぶん涼しくなりました。

着物を着ていても暑くなく、

このまま秋に入ってくれたらいいのに・・・と心から思います。

さて、先日お伝えした、めだかの誕生から早くも1ヶ月。

めだかの成長 003shou

5㎜ほどだった体は1~2cmほどに成長いたしました。

以前はめだかの生命力にただただ感動いたしましたが、

今では健気に成長していく姿に励まされています。

親めだかが、もう一匹もいない中、

誰に教わるでもなく大きくなるめだか。

何匹か死んでいくめだかもいますが、

それでも生き残り、育っていくめだか。

それもこれも・・・


お盆休みで、お店が休みにもかかわらず、

毎日毎日エサ愛情名前を与え続けてくれた中巳出先生のお陰です


頑張って生きてね、光太郎!!!!古鉄!!!!その他のめだか!!!!


スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ネット生け花教室 

アトリエ理のブログにて何度か紹介させていただいている

中巳出先生率いる三悠会。

2008 花手前 032


年齢不詳の個性豊かな女性の集まり。

2008年8月8日。

北京オリンピックの開幕日に合わせて

ネット生け花教室たるものが開設されました。

自宅にいながら生け花が習える・・・

まず、入会とともい生け花に必要な道具と初級DVDが届き、

その後は自分の都合で、花材を自宅に届けてもらえます。

生け花というと、古典的でお堅い感じがしますが、

今回の三悠会のネット生け花教室では

h001.jpg

このようなモダンで現代的な生け花も習うことができます。


個人的な話になりますが、

大学時代にいわゆる水盤に生ける古典的な生け花を習っており、

お稽古があるたびに花材を持ち帰り、

生け直していたのですが、

何しろワンルームマンション…

もちろんお床の間なんてありませんし、

狭い狭いお玄関に置くにしても、窮屈で…

花瓶にシンプルだけど品のある、

そんなお花が生けられたらいいなと思ってました。

しかも私、お稽古に原付バイクで通ってましたので

帰りに花材を持って帰るのが大変でした。

帰り道、ユリを落とした記憶も・・・


先生と対面で習うよさももちろんあります。

でも、やはりお稽古事は誰のためでもなく自分のためにすることですから

自分のペースで、続ける事も大事だと思います。

習ったことがあるのとないのじゃ全然違いますからね。

お花が生けられるようになると、また少し、

自分に自信が持てるようになるかもしれません。

お花にも興味が沸いたり、また違った世界が広がりますよね。

興味のある方は是非一度ホームページをご覧下さい。
http://sanyukai.jp/

素敵なページなので一見の価値ありです。

花のある生活を。

気持ちが豊かになりますよ。
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

城下町時代結婚式 

蝉の鳴き声で目が覚める・・・

そんな朝にもようやく慣れてまいりました。

あつい…

という言葉が口癖のようになってしまいます。

しかし、何度も言いますが暑さにうな垂れている暇はございません。

何故かと言うと、

11月2日に開催される

城下町時代結婚式

DSC_1176shou.jpg

が、待っているため、アトリエ理では着々と準備を進めております。

まず城下町時代結婚式実行委員会たるものを結成!!

月に2度ほど会議と称し集まり、それぞれの知恵と熱き思いをぶつけ合っております。

とてもバランスのよいメンバーで、

毎回笑いが絶えない、不思議な会議です。

さて、今回の城下町時代結婚式では8月10日より9月20日まで

花嫁行列に大正時代のアンティーク着物で参加していただく女性7名

                         と

三々九度の際に花婿と花嫁を結ぶ雌蝶と雄蝶1名ずつ

を募集いたします。

雌蝶には花嫁の付き添いとして、

舟にも一緒に乗っていただきます。

DSC_0913shou.jpg
お練の女性はお練の女性だけで、もう一艘の舟に乗っていただく予定です。

事前に打ち合わせなどもあり、大変かもしれませんが

大正時代の着物に身を包み、

昔ながらの結婚の儀式というものを肌で感じていただけると思います。

詳しくは
http://jidaikekkon.petit.cc/apple1/

お問い合わせはアトリエ理 0761-72-6565まで。

応募したいと思って下さる方は下記のURLからダウンロードして印刷し、応募してください。
応募用紙↓
http://www.rii.co.jp/youkou.pdf

どうぞみなさま、ご参加下さい。
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

祭りの後 

連日、最高気温を更新し続けている毎日。

うだるような暑い日が続いております。


さて、8月2日の土曜日。

アトリエ理では納涼夏祭りを開催いたしました。

まず、お玄関で流しそうめん。

夏祭り 041shou

みなさん真剣にながれてくるそうめんを見つめ、

自分のお箸テクニックを披露。

途中から、食べるために取っているのか、次を取るために食べているのか

分からなくなるほどの熱中ぶり。

なぜか、目の前にそうめんが来ると、

このまま見逃してはいけないような気になる・・・

気づけばおなかいっぱいとフッと我に帰るお客様も。

なにはともわれ、流しそうめんは夏の風物詩。

清々しい青竹に水と一緒にそうめんを流す・・・この時期だけの贅沢な食べ方ですよね。

風流だと、とても好評でした。


お玄関でのおそうめんを楽しんだ後、

次はお庭にはカキ氷と生ビール

夏祭り 047shou
昔、居酒屋でバイトしてたんだろうな~と思わせるほど

慣れた手つきでビールサーバーを操るお客様も出現!!!

いつの間にやらドリンクバーのように

ご近所の奥様方もなにやらいい感じ。

夏祭り 054shou
婦人会のよう…

こうやってご近所さんに楽しそうにイベントに

参加していただけるというのは何より喜ばしいことです。

ご近所さんの協力あってのものですから。


空が夕焼けで赤く染まってきた頃、

本日のメインイベント、ジャンベの野外ライブが始まりました。




今回演奏してくれたのは、金沢を中心に活動している

パーカッションアンサンブルASOBIのメンバーのうちの4人、全員女性です。

演奏は、4人がそれぞれ相手の音を聞きながら

タイミングを見計らって自分の音を出すという即興。

てっきり、楽譜どおりに演奏してるのかと思うほど

互いの音が邪魔をせず、絶妙なタイミングで自分の音を出すという修練の技。

演奏者一人一人が楽しんでいるという感じが伝わってきました。


演奏者一人一人が楽しんでいる・・・と言いましたが

もちろん今回の夏祭りを動かしているスタッフ一人一人も楽しんでおります。




流しそうめんの裏方は実はこんない大盛り上がり。

カキ氷も、次の日に残った氷を使って、

スタッフだけで抹茶とバニラアイスを載せてご相伴

夏祭りshou


お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

皆様の楽しそうな声を聞かせていただいて、本当に嬉しかったです。

これからもどうぞよろしゅうお願いします。

未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。