05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

職人さんたち。 

あっついですね・・・。


でもこの前、私の友人のKちゃんと会ったときに、
淡い桃紫色の絽のお着物と、まっ白の牛首紬の
半幅帯をしめていたのがほんと素敵で、

夏は夏なりに、気持ちは涼しげに、お着物楽しんでいきたい 
と改めて思いました。



さて昨日は、朝から1日かけて、庭師さんがカイズカイブキの
サンパツをしてくれました

こんな高いところで・・・

庭師さん

見てるこちらが、足がすくむ思いをしました


休憩をされているときに、少しお話をうかがったのですが、

『これくらいの高さは、ちょちょいのちょいや』と。
・・・オトコマエ

もっともっと高いところでの作業もあって、そんなときは
今でもやっぱり恐くなるときがあるとのことでした。


でも最初は、「お話聞かせていただいてもよろしいですか・・・」
とそろりそろり言ったときは

「ほんなもんあんたらに話すことなんかないわぃ
と。。。

職人さんっっ って感じでした


庭師さん3人


親方(下の白いTシャツの方)は、この道50年ほどになるという
大ベテラン

3人みなさんテレやさんで優しくて。
地下足袋がなんともかっこよかったです


カイズカイブキ

こんなにスッキリしました ありがとうございました



そしてそして。

今日は滝本GOZA店さんに、すだれをとりつけていただきました

スダレ

アトリエ理に何かあるときは、いつも応援にかけつけてくれる
滝本GOZAのお2人です


すだれ


こんなにキレイに、プロならではです
タテヨコ、1cmのくるいもあってはならないとのことで、
とりつけひとつにしても、職人技にためいきです


お庭も夏らしく、装い新たに嬉しそうです


滝本さん親子

おつかれさまでした ありがとうございました


滝本GOZA店は、小松駅近くにあるお店で、雑貨やお洋服も充実
しているので、とても楽しめます


右の菜穂子さんは、昨日、目の上を何かに刺されたらしく
『イタガユイ~』とかわいく嘆いてました



昨日、今日と、暑い中、本当にありがとうございました

(S)











スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

金澤 

皆さん、こんにちわ

またまた今日は、先日の金沢での撮影会風景をご紹介したいと思います。

【粉屋さん前で】
008shou.jpg
今回のお着物は、姉さんがレース半衿に単衣の一越、帯は絽のトンボ柄をチョイス

私は少し時期的には早いのですが、絽の小紋に帯は絽のダリヤ柄をチョイス

【ひがし茶屋街】
012shou.jpg
027shou.jpg
私は初めてのひがし茶屋街でしたので、テンションあがりましたよ。

【駄菓子屋さん】
015shou.jpg
私の地元の田舎でもこんなレトロな駄菓子屋はなくなってしまったのに、やはり金沢いいですね。


021shou.jpg
この長いシャベル?は何に使うのかしら
姉さんいわく雪下ろしかな

023shou.jpg
038shou.jpg
044shou.jpg
あっ先生 目立ちますね・・・

【中の橋】
051shou.jpg
ここにも先生写ってる・・・

【帰り道】
055shou.jpg
私達が持ってる「あづま袋」は㈱Anteと共同開発のものです。
この商品、まだ購入は出来ないのですが、すでに沢山の予約を承っております。

金沢で着物姿は珍しくないのですが、やはり大正ロマン、皆さん振り返りますね

ですが皆さん、私達の顔はもう見飽きている頃だと思います。
誰か「私モデルしたいわ」なんて方がいればアトリエ理に遊びに来て下さいね

                                                  (T)
未分類  :  trackback 0   :  comment 2  : 

和シュシュ。 

今日は私、なんだか変です。。

テンションがとりあえずおかしくて、どうしようもありません。


ワタクシゴトですが、実は昨日、寺嶋陸也さん(作曲家・ピアニスト)の
リサイタルを聴きに、慶応大学まで行ってきました。

感動と興奮冷めやらずで、ちょっとこのテンションいつまで続くのか
心配です。


高速バスでの往復だったので、足がありえないくらいにポンポンで、
足袋の跡がくっきりついて、ちょっと笑えました。


もう。とりあえず今日はブログを書かなくちゃいけないのに、
このテンションどうしようと思っていて。。。
しかもこの前のTさんのブログも素晴らしくて、ぷぷプレッシャー・・・



・・・と思っていたところに 神のお恵み

登場しました
シュシュB
いろいろなシュシュ、できあがってきました
この風合いは、写真では伝わりにくいかもしれませんが・・・
シュシュA
全て古布(絹100%)で作っていますが、上の写真、左は絽です 涼しげ
こんなの見たことないです。


以前から話に出てきてますが、㈱Anteの商品です


さっそくつけてみました

シュシュC
いいやないですか。
シュシュD

先生ほそっ そってますそってます。



ブレスレット代わりに使っても、

「かわ ゆい」さん。
「かわい いよな」さん。
「おじょう さまよ」さん。

↑・・・何に出てくるダレか、みなさん分かりますか。

あと「かきつばた あやめ」さん とかも。


シュシュE



シュシュはほんとにお手軽でかわいいですね

お洋服のときにも、和なシュシュ、いかがでしょうか。

(S)









未分類  :  trackback 1   :  comment 2  : 

入梅 

皆さん、コンニチハ

先日、早くも気象庁から北陸地方の梅雨入りが発表されましたね

これから憂鬱な日々が続くかと思いますが、そんな日だからこそ毎日笑顔で
過ごしていきたいですね


今日は少し江戸小紋について、勉強していきたいと思います。
江戸小紋

色使いが控えめで「渋さ」や「粋」が特徴の江戸小紋。
実際、どのような物なのか、フォーマルに通用するのか、あるいはまったくの普段着なのか・・・
などなど、私なりに解明していきたいと思います。

名付けて、T’s『X-Files』 シーズン1
どこかで聞いた事がある方は、スルーでお願い致します。

さて、一つずつ解決していきましょうか。
Q.まず私の一番の疑問だった「江戸小紋」と「鮫小紋」の違いについて

A.全く別の物ではなく、「江戸小紋」のなかで最も代表とされる模様の一つが「鮫小紋」との事。
  その他にも代表的なもので、「行儀(ぎょうぎ)」「角通し(かくとおし)」「千筋」「万筋」がある。

【鮫小紋】
same

なるほど。では違いが解かったところで、、
Q.「江戸小紋」の歴史について

A.江戸時代、諸大名が着用した裃の模様付けが発祥。その後、大名家間で模様付けの豪華さを張り合うようになり、江戸幕府から規制を加えられる。
 そのため、遠くから見た場合は無地に見えるように模様を細かくするようになり、結果、かえって非常に高度な染色技を駆使した染め物となった。

確かに・・・小紋とは言われているが、どこか高価そう。

Q.ではこれだけ高度な技を駆使した「江戸小紋」、フォーマルに通用しないの?

A.柄行きにもよるが、上記のように大名が着用していたという経緯から江戸小紋は格式が高く、背中に家紋を入れることで色無地と同格になり、準礼装となる便利なもの。

なんだか使えますね~・・・渋好みの私、ハマッてきましたよ。

そしてアトリエ理にある「万筋」のお着物
萬筋
萬筋
こ、細かい

この線が少し粗くなったものがいわゆる「千筋」

なんちゅう奥が深い・・・

では、今回はこの辺で。

T’s『X-Files』 シーズン1 つづく
                                       (T)









未分類  :  trackback 0   :  comment 6  : 

沖縄展。 

アトリエ理では、6/5から、『沖縄展』を開催しております


沖縄展A





↓ 昔は庶民に愛用されていた芭蕉布のお着物ですが、
↓ 今ではとても高価なものになっています

沖縄展C
平良敏子さん(人間国宝)の作品です

芭蕉布は、芭蕉の木の植え付けから3年を経て初めて繊維が採れ、
お着物一反を織るのに、200本もの木を切るそうです






宮古上布はせみの羽のように薄く、光沢があります

↓ この柄あわせや2㌔の木づちで2万回たたいて仕上げていく過程には、
↓ 本当に驚かされます

沖縄展B




↓ 花織も最初は「高価なもの」という近寄りがたい思いで見ていましたが、
↓ 見ればみるほどかわいらしくて、いつか着てみたいという欲が出てきました

沖縄展E



沖縄展D

↑ 紅型の振袖と帯です
真ん中のお着物と右の白地の帯は、城間家15代目「城間栄順」の作品です





今人気を集めている沖縄のお着物ですが、
作られていく過程に驚嘆します


アトリエ理では、この沖縄展の間、茶房のほうにて
沖縄のお着物についての映像もご覧いただいております

沖縄展Iこちらは「花織」です



沖縄展は、来週の日曜日【6/15】まで開催しております

この機会に、皆様ぜひ足をお運びくださいませ

(S)








未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

古布の雑貨 

皆さん、こんにちわ


なんだか暖かい日が続いてますね~。


皆さん体調など崩されていませんか


さて、今日はアトリエ理株式会社Anteとの共同開発から生まれました雑貨達をご紹介致します。

雑貨
どぉすか。
左からペンケース、名刺入れ、ノートカバー、ブックカバー

銘仙地のアール・デコ調・・・なんともモダンではないでしょうか。

大正から昭和初期の古布で絹100%の商品しか作らない、このこだわりよう

さらに裁断の仕方で1枚と同じ柄行がなく、世界に一つ、まさにオンリーワンの雑貨達なんです。

雑貨
ちなみにこれはブックカバーに小説を入れてみました。

これだけ大胆な構図のブックカバー見た事ありますか。

かなりオサレですよね

そしてこんなパターンもありますよ。
雑貨
これは少し抑え目ポップな感じですが、また生地の取り方で渋くも見えたり、
大胆な昭和モダンな柄行であったりと、様々です。

発売はまだ未定ですが、ただ今着々と準備に取り掛かっておりますので、
詳細についてはまたご報告致します。

お楽しみに~
                                            (T)











未分類  :  trackback 1   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。