01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

寅年!タイガースがんばれ♪ 

太陽が出ていてすがすがしい日です
この前、年が明けたと思っていたらもう2月も終わりますね


さてさて
前回の『バレンタイン』で次回に持ち越しになった、先生が出逢った
おっとこ前 氏のお話の続きを・・・

O氏は、熱狂的な阪神タイガースのファンで、「僕がこの人を友達にしたい」
と思ったとき必ず連れて行く場所が甲子園球場だったそうです

先生がO氏に連れて行かれたのが2003年、タイガースが1985年以来18年ぶりの
リーグ優勝が掛かった夏のこと


pc_s.jpgpc_s,

それ以来、先生も熱狂的なタイガースファンに大変身
念願かなって阪神はリーグ優勝を果たし、いよいよボルテージは上がりっぱなし
(ときめきボルテージもあがりっぱなし

なんとしても日本シリーズのチケットを手に入れるべきと奔走するも
それは至難の業だったらしいです

でもさすがO氏、2枚のチケットを手に入れ先生を甲子園に連れて行ってくれたそうです

logo_20100221131414.gif(イメージ画像です)

2003年10月24日 2勝2敗で迎えた第5戦目の日。
(…先生記憶力すごいですね…

球場は異様な雰囲気に包まれて、うなりをあげていたそうです

阪神が3-2で勝利、阪神ファンは歓喜に震え、
星野監督の「二度と阪神のユニホームを着て甲子園に立つ事はない」との言葉に
先生は号泣したそうです

これ以来止まることを知らず阪神に入れ込んで、こんな帯まで買っちゃったと

タイガース③
↑ この帯は、はしもと織物から出た2003年リーグ優勝を記念して作られた限定の帯です

…と、それだけでは済みません

先生だけのオリジナルの阪神タイガースの帯まで作ってしまいました
先生狂っちゃいました
六甲おろしの歌詞が3番まで織り込まれた、多分日本にただ1本の帯と思います

タイガース①

黄色と黒の縞のお着物に合わせてみました

タイガース④

でも先生は、この帯作るだけ作って、まだ一度も締めたことが無いそうです

是非、この帯を締めて甲子園球場に行ってほしいものですね
テレビに映ること間違いなしです
この帯に興味あるかたは、お気軽にアトリエ理へお越しくださいませ。


私も実は大のタイガースファンです
今年は寅年…今年はいつも以上に応援に熱が入りそうです!

それにしても、先生の淡い恋の結末はどうだったのでしょうか…
気になるところです

                          (S)

スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 2  : 

ひな祭り 

アトリエ理ではひな祭りの設えが皆さまをお待ちしております


【三人官女】
001.jpg

私てっきり「三人官女(かんにょ)」だと今まで思っていたんですが、違うんですね。
調べたら「三人官女(かんじょ)」だということが分かりました


みんな、なんで今までツッコんでくれなかったんだろう

015.jpg

004.jpg

今年のアトリエ理は、現代式に左側に男雛、右側に女雛を置きました。

下の陶器で作られたお雛様は、日本工芸会正会員九谷焼作家の吉田洋子さんの作品です。

とても愛らしいです


012.jpg

アトリエ理にはこのような帯もあります。
20090205182039_20100217105745.jpg

右側に男雛、左側に女雛という古式タイプの帯

オサレですね


007.jpg
アンティークのサンゴのピラカン、大、小入荷いたしました

写真では大小交互に置いてありますが、
サンゴ大2本セット 38,000円
サンゴ小2本セット 23,000円

とても人気の商品ですので、お早めに


023.jpg
アンティークのおしゃれ着

なんとこのアンティーク、仕立直しをしてあるので、
着丈 171.5
身幅  60
裄    63
袖丈  59.5

28,000円

ななんと、驚異の170㌢超え

それに合わせたオレンジの名古屋帯は大正ロマン独特の気が狂ったような渦巻き柄

柄on柄、やめられません

名古屋帯 7,000円

018.jpg

お庭のつくばいのセンリョウ・・・減っています


まだまだ商品入ってきていますので、気になった方はお早めにお越し下さいませ (T)




未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

お宝集結NO3 


5月1日北信越町並みゼミ大聖寺大会とご一緒させて頂く
「大聖寺時代結婚式」と「加賀白山おったからまつり」
実のところ私は「おったからまつり」に関しましてはあまり良く知らなかったのが本音です。

南加賀に伝わり、守られてきた伝統芸能や祭を大切にし、誇りある町づくりとの
高い理念の基に結成された、おったから塾とのことです。
このような素敵な熱い仲間達とご一緒できる事にワクワクと心躍らせています。

そのおったから祭りの演目の一つに「関栄親子獅子」があります。
普通獅子舞は勇壮なものが多いのですが「関栄親子獅子」は親獅子と子獅子の
情愛を表現した情感溢れる獅子舞で
結婚式を終えやがて母になる花嫁に是非観ていただきたと今まで時代結婚式でも
「関栄親子獅子」を舞ってもらいました。

獅子舞は母獅子が子獅子の成長を願い谷底へ蹴落とした所から始まり、
谷底から這い上がって来た子獅子が母獅子の乳房を捜したり、母獅子が毛並みを整えたり
  ↓
270.jpg

子獅子が蝶と戯れて遊ぶ光景など
  ↓
273.jpg

親子の情愛に溢れる表現に観客は魅了されます。

268.jpg

278.jpg



関町は藩政時代、大聖寺藩の関所のあった所で当時の関所役人から獅子舞を習ったのが関町の獅子舞の始めだそうです。
獅子舞の原則は奉る(たてまつる)という字形を舞うのですが
関栄親子獅子舞は長唄「連獅子」をアレンジした物で親獅子の子獅子に対する愛情を表現しているようです。

今回もこの獅子舞が花嫁の着く長流亭の船着場で舞われることとなりました。

みなさまぁ~~~!5月1日は是非大聖寺にお越しくださいませ。
キット貴重なお宝との出会いがあるはず・・・
必ずそのはず・・・

乞うご期待!




未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

バレンタイン♪ 

今日は、「寒くない」ことに驚くほどの日でした
外に出ても、「さぶっ」ってならないのは嬉しいです

東京は20度超えだったみたいですね…  それは暖かすぎなような。

やなぎ
お正月に飾ったやなぎからは新芽が顔を出しています
(分かりづらいですか)
でも明日には片付けなくちゃです



さて。 もうすぐ2/14はバレンタインデーです

今年はチョコの羊羹とかチョコビールとかいただきましたが、
いろいろとおもしろい商品も出ていますね


ちょっとベタですが、ハート柄(孔雀の羽ですが)の着物をご紹介させてください

ハート①ハート②
                            ↓
       ハートかわいい
くじゃく②


先生にも、淡い恋の思い出話を聞いてみました

それは2003年の事。 久々におっとこ前の素敵な男性に出会ったとの事・・・

このお話は次回につづきます。・・こうお楽しみにぃ~~~




未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

節分 

節分の日にちなんだ先生のお着物をご紹介します


3.jpg
※決して男子トイレで用を足しているわけではございません。

泥染めの大島紬にお多福天狗のお面の刺繍が入ったアンティークの帯です。


お面裏から今にもこぼれんばかりの松と梅。


現代には無い情感が漂います。

9.jpg

前には松ぼっくりの姿も


個人的にはワイン色の三分紐がいつもドキッとさせられます
(今度マネしよ~っと

帯留めはべっ甲の扇子。


今はアンティークばかり着ている私ですが、近い将来先生みたいに粋な着物を着こなせるようになりたいですね。

14.jpg  12.jpg


【玄関】
15.jpg
今回は私が生けました

と言いたいとこですが、先生が素敵に生けられました。

桃とコデマリの二種生け 毎度ながら大胆かつ上品


【お庭】
18.jpg
いつもはお庭のつくばいにセンリョウを置いて、鳥達が食べに来るのを見られるのですが、
今日は久々の大雪で鳥達は現れず・・ 


そんなアトリエ理は季節や行事を大切に、なおかつ楽しんでいます


みなさんも、季節を楽しむゆとりが必要なのではないでしょうか


忙しい日常から一歩離れて、ゆったりとくつろぎのひと時を・・・アトリエ理でお待ちしております。 (T)





未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。