02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

端午の節句 

今日は、成人式の前撮りにT様宅まで出張してきました

2010.3.30 004
Sちゃんのオフショット


少し緊張気味なのがかわいい~


日本髪がとっても綺麗に結ってあって、お着付けもさすがクワフールパーチェさん最高です

いつもありがとうございます。


アトリエ理に戻ってくると、設えが早くも端午の節句に変わっていました
2010.3.30 007

2010.3.30 006
戦国ブームの中、改めて見直そうと思った鎧兜

2010.3.30 005
緑繻子の兜は、名古屋帯として使うのはもちろん、お家の設えとしても使っていただけるんじゃないかな~と思います。


段々と暖かくなってまいりました。

喫茶だけでのご来店でも大歓迎でございます。

皆様のお越しをお待ちしております  (T)





スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 2  : 

お設え 

   
今回は店長セレクトの山岡古都作の訪問着でございます

私はこれまでこの方のお着物を拝見したことがありませんでした 
豪華なのに品があり、一目で惚れ込んでしまいそうになります

生地は、レースが浮き上がったように織られているようです。

2010.3.24 001  2010.3.24 006


今回、山岡古都のお着物に出会いましたので、
私なりに山岡古都について少し調べてみました。

山岡古都は草木染の第一人者、
または戦後沖縄の紅型の復興に尽力したことでも有名な染織家だったそうです。

また、
山岡古都はお着物に染める「炭」に大変こだわり、
炭を食べて、炭の質をはかり、より良いものだけを染め粉にしていたそうです。
それくらい、染めに対してこだわりをもっておられたようです。

このように、染めに対して貪欲な姿勢をもっておられた山岡古都のお着物を是非見にいらしてくださいませ



 その他にも、お着物に似合う帯や小物を設えております。  

2010.3.24 002   2010.3.24 004


2010.3.24 003  2010.3.24 005


                                         (S')

未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

アンティーク附下展 

始まっております。


アンティーク附下展


昨日今日と、朝早くからお客様にお越し頂いております

分かりにくい場所ながらも、沢山のお客様にお越しいただき誠にありがとうございます。


2010.3.19 002
写真が下手で分かりづらいのですが、色も柄もこれぞアンティーク!
というような一枚です。

〔柄アップ〕
2010.3.19 004


2010.3.19 005
2010.3.19 006
西洋への憧れでしょうか、ポットの柄が施されている袋帯や、
お茶の道具をあしらった名古屋帯を合わせてみました。

2010.3.19 012
折鶴の附下小紋は、折鶴の中に多種多様な柄が描かれており、なんとも贅沢な一枚です

2010.3.19 014


2010.3.19 015
この着物も一瞬小紋に見えるのですが(絵羽でもないし)、
柄が一方付けで全て上向きになっているので附下になります


2010.3.19 010
2010.3.19 011
そして今日も元気に、タエちゃん人形があなたをお待ちしております
嬉しんてなピンクの帯をして。。。( T )







未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

大震災 


東北地方太平洋沖地震により、被害者の方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。


また、被災地で救助活動されている皆様の無事もお祈り申し上げます。

そして行方不明の方々の命が無事である事を願っております。



地震後、皆さんと同様誰とも連絡がつかずTVから流れてくる悲惨な映像と情報に呆然としました。

具体的に出来る事は少ないけれど
まずは、私達が落ち着き確かな情報のもと的確な判断で行動して行く事が大切だと感じています。



そして、出来る事を出来るだけやって行きたいと思います。



まだまだ、事態は不安要素でいっぱいですがすこしづつでも良い方向に進む事を願っています。



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

商品紹介 


お客様に大人気で、すぐに完売でした帯揚げが、

本日ついに再入荷いたしました。
 

2010.3.14 001
色、柄が以前よりも豊富になりました
お客様には、より楽しんで選んでいただけるとおもいま~す。


そして、
3分紐の帯締めも帯揚げに合わせていかがでしょうか?
こちらも、バラエティーに富んだ品々をご用意しております

2010.3.14 003


お持ちの着物に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか



アトリエ理にも梅が咲きました。
そよ風にのって、春の香りが感じられるようです

2010.3.15 001 2010.3.15 002

                            (S')






未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

紬コーデ 

2010.3.11 001
紬の訪問着です。

大島のようにツルッとした手触りで、春の装いにウズウズと心躍ります

2010.3.11 0032010.3.11 004

切り替えでこのような柄がさらりと入っていて、粋を演出してくれます。


2010.3.11 009
帯は渡文の名古屋と、野蚕糸袋帯を合わせました。

今回の帯は、どちらともカジュアルになりますが、礼装用の帯も沢山ございます


2010.3.11 005
帯留めは、アンティークで能面やそら豆を添えました。
       ↑
なんか、おしながきみたい。


2010.3.11 008
五嶋紐も、万能でいい仕事してくれます。



2010.3.11 006
草履といったら紗織。

丈夫で履きやすく、品があって粋!


さて今回のテーマは、
「ちょっとしたお呼ばれに、小紋で行くわけにもいかず、だからといって金金ピカピカの袋帯でビシッとキメすぎるわけにもいかず・・・コーデ」

こんな時あるかー!って思いますよね?

いやいや、以外とあるんですって



3月18日(金)~20日(日)

アンティーク附下展


古典柄からモダンな意匠まで、趣味と手の良いものだけを展示いたします。

是非お越しくださいませ(T)



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

アンティーク附下展 

3月のあっという間に9日ですね

だんだんと暖かくなってきたかと喜んでおりましたが、
みぞれが降ったりとまだまだ寒いですね~




さて、アトリエ理では

3月18日(金)~20日(日)まで
アンティーク附下展を開催いたします。

附下は、フォーマルを前後できる自由さがあります。
お茶着として、時には式典にと着こなし方ひとつで大活躍できそうです。
古典柄からモダンな意匠まで手の良いものだけを集めて展示いたします。


 2010.3.8 004  2010.3.8 005  2010.3.8 006  

たつのおとしごの柄などは遊び心があって楽しい柄ですね

スタッフ一同、皆様にご満足していだだけるよう、只今準備中でございます。
楽しみにいらして下さいませ
                              (S')


未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

サクラ~♡ 

あられ降りました


みなさん、こんにちは

暖かくなったり、急に寒くなったりと、みなさん体調はいかがでしょうか


2010.3.2 004
2010.3.2 006
桜文様の黄ベージュの付下。

訪問着だと気がはってなかなか袖を通しにくい方、多いのでは?!

その点、付下だとさらっと楽に着れますよね。

卒園式や、入学式、なに着ていこうかなぁと考えてる方にオススメの一枚です。

着丈 168
身幅  61
裄   66
袖丈  51


2010.3.2 003
ティッシュBOXカバーは桜柄が入荷。

お土産などに最適


まだまだ新商品が入荷しておりますので、後ほどご紹介いたしますね~

2010.3.2 007
ももとこでまり~


近々、イベントの方も考えております


HPやブログで、どんどん更新していきますのでチェックしてくださいね~

                                        (T)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。