05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

氷室まんじゅう♪ 

来週から始まります、アンティーク単衣展の展示風景をチラッとご紹介。
6.30 005
ザザーっとならんでおります

アンティークは夏・冬関わらず華やかなものからシックなものまで多彩です。


これは若い娘さんが着ていたのかな~とか、これは少し年配の方が着てたのかな~なんて想像しながら飾っています

6.30 003
6.30 004
当日は、この子達が皆様をお待ちしております。


6.30 006
夏物の帯揚げ(正絹)¥1,800-が増えました

それでも人気商品の為、残り僅かとなっております。
お早めにお越し下さいませ。



6.30 009
Anteのポーチも入荷しました~
¥1,890-

女子はポーチ好きですよね~。


さて、明日7/1は氷室まんじゅう食べなくっちゃっ!  (T)
ゆわく 007shou
(湯涌温泉の氷室前にて)
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

夏といえば? 

日ごと暑くなってまいりました。
梅雨の晴れ間、本格的な夏の始まりを予感します・・・

6.27 001

正面入り口のお着物をアンティークの薄物と帯に換えました。
とっても繊細な生地でやわらかく、色目も上品。
ホンワリとしたぼかしが印象的です。

アンティーク単衣展の準備とともに、薄物も整理していましたら、
単衣は160点、薄物は140点ほどありました!

単衣展:7月6日(金)~8日(日)
なかなか棚にある状態では見にくい全体像ですが、
一斉に見られる良い機会ですので、是非お越し下さい。

6.27 002

そして、夏といえば浴衣に団扇、風鈴、そしてサイダー。
しゅわしゅわの炭酸が喉の渇きを癒してくれます。

当店の喫茶でお出ししているサイダー用の器。吉田洋子(よしだひろこ)さんの作品。
とっても手にしっくりくる細さと美しいボディーラインです。
個人的には、夕方からはこれでビールをお出ししたいところですが・・・
いや、飲みたいのか?!

6.27 003

そして昨日仲間入りしました新しい器、稲積佳谷(いなずみかこく)さんの作品。
山中のゆげ街道にあります、いずも堂さんよりお嫁入りしました
クラビズム6月号の作家物の特集でも掲載されていて注目していたら・・・来てくれた

ぜひぜひサイダーとともに作品も味わいに来てください (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

アンティーク単衣展準備 

涼しい日が続いていますね


雨は厄介ですが、着物を着るのに気持ちがいい~時期ですね。


湿度が高いと風邪も引きにくいし、肌も潤うような気がして女性には梅雨時期が一番良いのかも


さて、7月6日(金)から始まりますアンティーク単衣展の準備をしております
6.22 007
百枚は軽く超えております

昨年も大好評だった企画なので今年もやっちゃいます。

普段は畳んで積み上げているので、なかなか全て見ようと思うと無理があるんですよね。

それが展示会では、(去年の画像↓)
2010.8.19~21アンティーク単衣展 007
いちいち広げなくても、見れちゃいます。

畳んであって柄が出てないと、もうそれを取ろうともしないもんですが、
これだと裾にこんな素敵な柄があったんだとか、飛び柄だったんだという事がひと目で分かりますね


そして、Anteの小物も続々と入荷してきております。
6.22 009
6.22 008
Anteの小物は本当に人気で、店に入ってきてからもすぐになくなってしまうので、皆さん早めにお越しくださいね。

一つ一つハンドメイドで、同じ物は一つもないこだわりの商品。
夏仕様のなんとも贅沢なものも入荷しましたよ~。


6.22 005
6.22 006
そして何故か、お店のお庭に大量発生しているキノコ。

まだまだ色んな種類がありますが、絵的に放送禁止なものもあり自粛させていただきます。
私達が言うとキノコ、親世代が言うとコケ。
「あんたらコケも食べんかいねー」
「・・・・・コケ?」



では単衣アンティーク展のお知らせ。
7月6日(金)~8日(日)の三日間   10時~18時となっております。
尚、通常では第2・第4日曜は定休日ですが、今回は第2日曜の8日は営業しております。
第1・第3日曜も休まず営業しております。

是非この機会に、お越し下さいませ~。    (T)









未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

うそつき襦袢 

今日は台風4号上陸の恐れということで一日中雨ですね。
石川県には今夜夜半に接近です。皆様お気をつけ下さいませ。

うそつき 003

さて梅雨の季節、目に楽しいのはアジサイ。
いろんな色、姿のアジサイがありますが、私のお気に入りはこの色。
優しいグリーンに薄紫。アンティークの染めの帯を思わせます

うそつき

ちょっと色が飛んでしまっていますが、左から鳳凰に牡丹、笛と鼓、そして蝶。
アンティーク独特の染めの色合いに心惹かれます・・・
まだまだ沢山のこんな帯がありますので、是非見に来てください。

うそつき 002

そして、そろそろ7月に入ろうかというところ。
夏の暑さ対策でうそつき襦袢を作りました。
下着、長襦袢に薄物・・・とても3枚も着れません。
ということで下着に夏の着物の袖だけ付けて、衿は着物屋さんで着付けてもらうときによく使う「美容衿」。
襟元がシャキッとするし半衿付けるのも楽、そして衣紋抜きがついてるので衿がかぶってきても
下から引っ張れば大丈夫衿かぶり気味の私には強~い味方!
さあさ、夏よどーんと来い!  (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

虫干し 

朝から、虫干しをしています


まずは、勉強も兼ねて加賀友禅から
虫干し 001
落款と自分達が作成した値札との違いがないかを確かめ、加賀友禅の特徴や色彩について勉強します

加賀友禅とは、落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄が特徴で
それは加賀の武家文化という社会背景に支えられたことによると考えられます。

【先ぼかし】
bokashi01.jpg
【虫食い】
mushikui20080130_200.jpg
ボカシや虫喰いの技法もよく使われ、京友禅が内側から外側にボカシてあるのに対し、加賀友禅では逆に外側から内側に向かってボカシてあるのが一般的な特徴といえます。


虫干し 003

虫干し 004
加賀友禅伝統工芸士六人(いわば大先生?)とは、
成竹登茂夫、矢田博、由水十久、毎田二郎、能川光陽、梶山伸 です。

私は勉強不足なので証紙が無いと、十日町友禅と京加賀、加賀友禅の違いがわからないのですが、言う人が言うには、大衆受けした安価の十日町や京加賀は、上品さに欠けると言われています。



幸い、お店には3,000枚もの着物があるので沢山触って勉強して、少しでもプロフェッショナルに近づけるように頑張りたいです   (T)



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

蛍の季節です 

風が涼しく、過ごしやすい日が続いています。
単衣の季節ですが、それでも風の無い日は夏物でもいけそうです。
6月 001
現代物の絽、薄紫グレー地に柳と蛍。ずっと飾りたいと思っていた1点。
やっと飾れる季節になりました
8日には、加賀市主催のホタル博士と行くホタルウォッチングの会があるとか。
応募は締め切られたそうですが、行きたかったな~残念。

 着丈:167.5
 身幅:60
 裄 :67.5
 袖丈:49.5

帯は花菖蒲かな?いずれ菖蒲か杜若。
どちらも甲乙付けがたいほど美しいという意味だそうですが、
紛らわしいほど似ているというときにも使っていました。
美しいという前提がなくても使っていいのかな?!

6月 002
単衣の大島の着物に加賀友禅オレンジのアザミの帯と織りのしゃれ帯を飾ってみました。

 着丈:168
 身幅:61
 裄 :68
 袖丈:46

6月 003

絽の古代紫にアザミと芭蕉の着物。ピンクの亀甲刺繍名古屋帯を合わせてみました。

 着丈:157
 身幅:58
 裄 :62
 袖丈:70

アンティークの着物は着丈も裄も短く、袖丈が長い。
私もついたけで着ることも多いのですが、慣れてくると
現代物の丈の長さが逆に重たく着にくく感じることも・・・。
裄も短いほうがいろいろ作業はしやすく、楽チン!慣れってすごいですね(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。