09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

十三夜のお月見 

今日は第2回目の着付け教室です。

正面の玄関にはアンティークのお振袖、中振りくらいのものでしょうか。
古代紫に万寿菊の染付け。ぼかしが非常に美しいです。

5月のホテルアローレでのファッションショーでも、
20歳の方に着ていただいたものです

121027 001

120512-3.jpg

きゃー カワユイ 

着ると、なお良いですね。お袖の柄が華やか!

121027 003

こちらもアンティークで訪問着。
ブルーに白のボカシで、菊、紅葉、笹、そして梅、桜、松と春秋柄。

所々に刺繍が施されていて・・・惚れてまいます。

年中着ていただけます。

121027 004

今日は十三夜のお月見、ということで
源氏物語「夕顔」を題材とした男物のお襦袢の月を背景に、月見団子を供えてみました。

まあ、十五夜の晩のエピソードのようですが、細かいことは抜きにして・・・

お供えの団子の数は、十三夜ということで13個。
今晩は晴れそうです。 私も空を見上げて見ようと思います。


さて、それでは着付け教室の様子です。

121027 005

ただ今、着物の上前を決めています。
床すれすれに丈を決めたら、そのまま床を掃くように巻いていきます。

・・・コレが難しい!

121027 006

今日は名古屋帯の結び方。
スマートに着る為には、スマートに巻けるように帯を準備します。

ポイント柄の帯の巻き方も教えていただきました。

121027 007

お太鼓できました!

きれいに見えるポイントをおさらいです。

121027 008

2回目だというのに、皆さま本当にお上手に着ていらっしゃいました。

「ふぅ~できたぁ」、笑みがこぼれていらっしゃいます。


お疲れ様でございました。

次回は11月10日(土)です。お待ちしております。(N)
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Welcome to Kaga! 

昨日の雨がウソのように晴れ渡った今朝の秋晴れ。

今日はアメリカからのお客様がいらっしゃいました。

アトリエ理にある、幕末から明治、大正にかけて作られた、
贅を尽くした内掛け、そして秋に色づくお庭をご覧頂いたら、
家庭の田舎料理を囲んでの昼食会です。

10.24 001

アトリエ理の料理長も、昨日から「どうかなー?外国の方のお口に合うかなー?」と
心配しながらの準備だったそうですが・・・

里芋の煮っ転がしにずいき、蓮根の煮付けに酢ゴボウ、高野豆腐に大根菜を炊いたもの、
赤魚の煮付けに柿の葉寿司などなど。秋の味覚満載です。

根菜たちに紅葉や南天の葉、色づくホオズキの実で彩りを添えて。

高野豆腐が人気だったようです。良かった

10.24 002

食事を囲んでの談話はお話が弾んだようです。

ぜひまた加賀に、そしてアトリエ理に遊びに来てください。

10.24 003

お帰りは、アトリエ理の前からお舟で長流亭へ。

10.24 005

どうぞ行ってらっしゃいませ。
またのお越しをお待ちしております。

お船の中では船頭さんのお歌を聞いていらっしゃるのかしら・・・(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

文化の秋、実りの秋、感謝祭 

昨日20日と本日21日9時から5時にかけて、
ここ大聖寺町内で 文化の祭典 が行われております。
大聖寺地区会館を中心に、大聖寺町内の店舗で独自企画を開催しております。

お天気も良いですし、ぜひブラブラと大聖寺を散策していただればと思います。

10.20 001

さて、コレは昨日のアトリエ理での実りの感謝祭の模様です。

10.20 002

栗ご飯にぶり大根、出し巻き卵にゴーヤの佃煮、牛すじ煮・・・
いつも美味しいお料理を有難うございます。I先生、Oさん、涙出るほど美味しかったです。
米三合にもち米1合の栗ごはん、つやつやもちもちで美味しかった~
もう1杯おかわり~

店長は最近食欲なかったのに、今日はやけに食べてるな~と思って聞いてみると、
この昼食のために朝食を抜いての参加でした 

10.20 003

こちらはいつもアトリエ理を応援してくださっているTさんのお手製。
きな粉をどうにか固めたお菓子だそうで、すはまの様なお味。
ほろほろと口の中で溶け、ついつい2個目に手を伸ばしてしまう一品でした。

愛知県犬山市の名物に「げんこつあめ」という同じくきな粉のお菓子があります。
思い出すぅ

10.20 004

こちらは、げんば堂さんの今月のお菓子。
おもちの中に芋あんが入っていて、紫芋の粉末でお化粧。もっちりとふんわりしたお味でした。

10.20 005

こちらは私めが作った杏仁豆腐。

10.20 006

とにかく盛りだくさんでこのデザートのころには、皆お腹いっぱい。
こちらは手土産となりました。
お腹も心も大変満たされましたひと時でした 

本当に応援団の皆さま有難うございました。
店長も非常に喜んでおりました。
店長、早く戻ってきてね~ (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 1  : 

唐辛子入りチョコ 

唐辛子・・・こっちの言葉で言うとなんば。


そのなんば入りチョコ、その名も「ちょこっとなんば」アトリエ理にて売れに売れております。
10.19 008
先日もブログでご紹介いたしましたが、これだけ補充してもあっという間に完売の日々です


そして昨日ふと思いついたのですが、このチョコ、カレーの隠し味に入れると美味しいのではないか・・・と。

どうなんでしょう? 大辛?激辛?でも辛いと感じたことのないカレーに一癖つけることが出来るか今度試してみたいと思います(舌が馬鹿になっている可能性もありますね)


あっ!スタッフNさん、ヒートテックなりババシャツなり着物の下に着るときは前後ろ反対に着てますよ私。

やはり、そのまま着ちゃうと襟ぐり開いてないので丸見えですよ


玄関の花~
10.19 002
雲竜柳とホオズキ、いつもいつも素晴らしいですね


お庭の南天も少しづつ色づいてまいりました。
10.19 005
南天は「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木と言われますね。

着物の柄に本当に多く見られます

花言葉は「私の愛は増すばかり」・・・なんかドロドロな昼ドラちっくですね。



10.19 007
茶房のコーナーには、ホオズキと紫式部でしょうか。


季節の移ろいを感じ、ゆったりとした時間を。。是非皆さま遊びにいらしてくださいませ。(T)


未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

金澤はいから小町 

10月20日(土)金沢の町屋、ギャラリー椋(むく)さんで、
  
  金澤はいから小町 の第1回目となる、まちなか音楽会が開かれます。

 ※15時開場、15時半開演
  ワンドリンク付 2500円 
  チケットは076-213-5438(文殊舎内)まで

121018 002

小町のお一人、ソプラノ稲垣絢子さんは、

5月12日の アトリエ理5周年記念コンサート にご出演くださった方です。

覚えていらっしゃる方も多いのでは?

あの小さな身体から発せられる歌声の迫力に・・・驚きでした。

121018 001

石川県出身の若手演奏家、
フルート生駒温さん、ピアノ中村祐美さん、そして歌、稲垣絢子さんによる(写真左から)、
まちなかの趣きある建物で、モダン着物を身にまとった「金澤はいから小町」の音楽会。

石川の文豪、室生犀星や泉鏡花、この地にゆかりのある竹久夢二などの詩の
作品にも取り組んでおられるとか。

是非みなさま応援してください

衣装は、アトリエ理が提供しております。 (N)

121018.jpg
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

石川県の土産に唐辛子チョコレート 

日に日に寒くなってまいりました。
身体を温めるには・・・いまや常識となったヒートテック?
着物の下に着れるくらい、襟ぐり開いてるかな~?

かわいいレース付のも出てるみたいだし、今度試してみねば。

そして、中からも温かく!ということでこちらの商品はいかがでしょう

121016 001

石川、白山市の まぼろしの剣崎なんば を使ったトウガラシチョコ。
「ちょこっとなんば」。(10個入525円)

チョコレートがなんともなめらかで美味しく、この辛さがくせになります。


(注)どなたかにお譲りする場合は、相手を見てトウガラシが入っていることを断ってください。

   黙って渡すと、びっくりして喜ばれるか、もしくは怒られるか・・・  (笑)

121016 002

こんなところにもキャラクターなんばくんが・・・

中を開けたところをお見せしようと思いましたが、
他の方がブログでアップしているのを見たら、なんと!違う図案だったので、
何種類かあるようなので、こちらはお楽しみで・・・

色んなところになんばくんがいますので、探してみてくださ~い



121016 004

秋にピッタリのアンティーク羽織のご紹介です。
紫に美しく色づいた柿。
 
 着丈:85cm
 身幅:54cm
 裄 :59cm
 袖丈:68cm 

アンティークの羽織は長いものが多いですが、こちらはお袖は長く、丈は少し短めですかね。

羽織の種類も豊富なアトリエ理。
どんなものがあるかな~と棚をひっくり返していたら・・・
出てくる出てくる、面白いものが。

また随時ご紹介していきます!

121016 005

こちらはアンティークの丸帯。
いい具合の青に菊、です。

状態の良い丸帯でしたら、お友達と分けて2本にお仕立直しも出来ます。
アンティークだと短くて締めにくいわ、
という方も伸ばすことが出来ますので、ぜひご相談下さい。(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

着付け教室始めました 

本日より、月2回土曜の14時~16時の間、アトリエ理にて着付け教室を始めます 
習いたいという方、いらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
(TEL:0761-72-6565)
次回は10月27日(土)です。

今朝、自宅の庭に柿の実が見えたので「これだー!!」
お客様をお迎えすると分かっている今朝だけに、
急いで枝を切りました。・・・そう、義父に頼んだんですが。 うふ

121013 001

ずいぶん前に開いていない栗の枝を切って飾っておいたら・・・
開くんですね、ちゃんといがぐり。

実りの秋ですね~

121013 002

教室となるお部屋の床の間には、ホトトギスと一緒に。

121013 003

お着物は、綿花の花を描いた加賀友禅の訪問着を。

121013 004

現代のお着物は春秋柄が多いので、季節の柄が少ないように思いますが、
コレはまさに今!ですね。

今はちょうど花が終わってコットンボールが取れるころでしょうか。

下のほうに見えるホワホワ、かわいいです。

121013.jpg

着付け教室の模様です。もっと写真を撮ろうと思ったのですが、
来客が入って1枚のみの撮影ですが、皆さんとっても熱心に練習されていました。

お一方は、この機会を逃したらきっとずっと着れないじまいだったと
おっしゃって、着物を着れたと喜んでみえる笑顔が素敵でした

もう一方も、難しかった~とおっしゃっていましたが、
今日は帰ってから復習するぞと意気込んでいらっしゃいました

ぜひぜひ何度も着てみて、素敵な着物姿を家族の皆様にも見ていただきたいです。

今度、また着終わった姿も撮影させていただこうと思います。
今日は皆さまお疲れ様でした。 (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

新商品発表! 

だんだん朝晩が冷え込み始め、ついこの間まで浴衣を着ていたとは思えません。
あっという間に冬になりそうです。

着物を着るには今まさに、いい季節ですね。

秋のコーディネート、ご紹介します。

121009 001
紅葉が始まるのは11月ごろからでしょうか。
着物も帯も紅葉でキメてみませんか?

ほんわりと紅葉を思わせる黄色とピンクのボカシのお着物に、
紅葉にかかる赤い橋が印象的な帯。

ああ、愛知県の紅葉の名所、香嵐渓を思い出すなぁ

121009 002

たおやかな印象の赤地に実の付いた木の葉のお着物。水色のジグザグが個性的です。
鳥の羽を思わせる抽象的な花に黒地の帯で、ギュッと引き締めてみました。

121009 003

赤黒の市松の入ったこちらのお着物はお召しです。
縮緬ですが先染めの糸で織った着物で、布面にしぼがあるのが特徴です。

最初にお着物を着るならお召しから!っていうくらい、滑らないから着やすいです。

今回秋なので大胆な紅葉の帯を合わせてみましたが、
どんな柄の帯でも合う、万能なお着物です。

121009 004

そして、9/27のブログでせっせと作っていた古布は、
こちらのLEDルーペの袋となりました~

表面には、豪華な金蒔絵
黒地と白地とありまして、蒔絵とは別でデコのもあります。

アトリエ理の新商品になります!(税込3150円)

121009 005

クルリと中のルーペを出すと、こんな風にライトがつきます。
かなり明るいです。

お茶室の暗い奥で作業したり、映画館などでプログラムを読んだり・・・と。

是非お一つ、かばんの中にどうぞ。 (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

BIRD EYE 

昨日、お客様から八幡屋礒五郎BIRD EYEという、「一味」の3倍以上にもなる究極の辛さの一味唐辛子を頂きました


BIRD EYE b15a8a8da09f155f79090c6c025ba9c5.jpg
長野の名産品で、善光寺が描かれている七味・一味は前から知っていましたが、それの3倍もの唐さの一味が出ているとはっっ!

自称、唐さに限界が無い私(大の辛いもの好き)は、早く試したいですね


Sさん、いつも楽しいお話とお土産ありがとうございます


先日、ブログにてご紹介しました銀杏のおしゃれ着がありがたい事にお嫁に行ってしまったので、またまた秋のお召し物に変えましたでもあんな柄はもう手に入らないので、少し寂しいのと嬉しいのと半々です
10.5 001
10.5 002
葡萄柄がなんともモダンに描かれております


葡萄と格子の組み合わせ。

どんなオッシャーな姉さんが着ていたんだろう。。。

こんなん着てる人見かけたら、ふらふら~と付いていきますわぁ~。



そして今日から、始まりました「志村ふくみと紬展」大好評です!


皆さまも是非、この機会に足をお運びくださいませ~。(T)













未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

「志村ふくみ」と紬展  

明日、10月5日(金)から始まります 「志村ふくみ」と紬展  


【志村ふくみ】
10.4 001
志村ふくみさん自ら自然界の植物から吸い上げた色を、糸と織りの中に表現した紬織物。


申し訳ないですが、私には他の紬との違いが全く分からないのですが(勉強不足です)、
先生は一度着られていた時に「志村ふくみさんのお着物ですよね?」と声を掛けられたそうです。


なぜ・・・分かる・・・?

そこまで分かるようなプロフェッショナルになりたいですね


【石川県無形文化財 牛首紬】
10.4 004
 
牛首紬は石川県白山市白峰地区において生産される紬織物です。
釘を抜けるほど丈夫なことから釘抜紬(くぎぬきつむぎ)とも言われたそうです


【重要無形文化財 結城紬】
10.4 003
紬織物の中で唯一、着用してお茶会に出てもいいという、なんとも特別感な高級紬

だけど上のようなものじゃなくて、無地か付下げのようなものに限るでしょうけど。


【大島紬】
10.4 006
皆さんのお家に一枚はあるくらい有名なものですが、ここにあるものも面白いものが多いので、是非見て頂きたいです


【郡上紬】
10.4 005
岐阜県郡上市八幡(はちまん)町で織られる紬織物。
少し艶感があり、厚みがあるにも関わらず柔らかい風合いで、大変着やすいのが特徴になります。


10.4 002

他にも、白山紬やぜんまい紬、久米島紬など沢山ございますので、この機会に是非皆さまお越し下さいませ。(T)


ー志村ふくみと紬展ー

展示期間 10月5日(金)~7日(日)

時 間 10時~18時



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。