10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

待ってました?ゑびす講、明日からです。 

いよいよ明日から ゑびす講 です!

昨年いらした方も、初めての方もどうぞ楽しんでいってください。

1211128 012

明日はこちらのアンティーク着物がお出迎えいたします。

1211128 013

淡いはかなげなお色がアンティークの魅力。
でも、やはりこんな元気のあるお色が玄関には似合う!
紅葉した葉がとってもきれいな訪問着です。

1211128 014

帯には、車輪の模様を合わせてみました。


それでは ゑびす講 のご紹介です。

1211128 001

こちらは振袖のコーナーです。

1211123 022

こちらは黒留袖、色留袖、子供着のコーナーです。

1211123 024

写真中央と右側が小紋、右奥が紬、左側が無地になります。

1211123 031

道行も少しですがございます。

1211123 030

こちらは帯のコーナー。袋帯に名古屋帯。

1211128 008

半幅帯もございます。ポリエステルのもの、二本で5000円ですよ!

1211128 005
1211128 009
1211128 011
1211128 010
1211128 002

もう・・・小紋は・・・とにかく見てみてください。楽しいです。

ゑびす講、明日10時から です。
どうぞ皆さまお誘いあわせの上、お出かけ下さい!(N)
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

秋の風物詩、干し柿 

今朝もなかなか寒いです。
ブログを打つ手がかじかんでます・・・

毎日出勤するときに通るお宅の軒下にかかっている干し柿。

ずっと気になっていて今日こそは!と張り切って写真を撮りに行きました。

1211127.jpg

ちょうどご主人がいらしたのでお話を伺うと、毎年2種類の柿を干しているとのこと。

左のほうの小さいのは種なしで、右の大きいのは種あり。
2回ほどもむとやわらかく、美味しい干し柿が出来るとのこと。

じゅるっ おもわず喉が鳴りました。

ステキな秋の風物詩、ありがとうございます!


1211123 026

さて、それでは ゑびす講 のご紹介です。

こちら、1つ身、お着物とつけ帯、小物セット。こちらはあわせて1万円。
七五三の3歳のお嬢様にどうぞ。

1211123 029

こちら四つ身のお着物、帯セット。
七五三の7歳のお嬢様にどうぞ。

1211123 028

こちら1つ身の男児用、お着物と襦袢のセット。3才のお子様に。

1211123 027

こちら四つ身の男児用、お着物と羽織、袴のセット。5歳のお子様に。

七五三、来年だわ、という方、お正月にも着せてみませんか?

1211123 006

こちらちょっと変わった訪問着。こんなのもあります。

1211123 007

こちらは白地の墨絵のような訪問着。

1211123 009

こちら、イイ紫の訪問着。・・・と、まぁ本当にいろいろあります。

ゑびす講は 金曜日から です!ぜひ見にいらしてください。(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

雪つり 

先日、兼六園の雪つりの写真が北國新聞に出ていました。

いかがですか?

   こちらがアトリエ理の雪つりです。

つい先日、庭師さんに入っていただきました。

1211123 002

夜はこんな感じ。

   とっても幻想的!!です。

1211123 001

着物を見にこられる方は、やはり色目などを見るのにも、
明るいほうが良いので、午前中や午後の早い時間にいらっしゃいます。

ですが、ライトアップされたお庭もステキですので、
ぜひ夕刻のお茶にもいらしてください!

1211123 003

さて、それでは えびす講 の準備の模様です。

まだまだ箱から出てきます・・・

黒留袖、色留袖、訪問着&附下、無地、小紋、紬系 にどんどん仕分けていきます。


とにかく数が多いので、ちょこっとだけご紹介します。

1211123 013

版画のような街の風景。
       見ているだけで楽しくなります。

1211123 015

とってもカジュアルな元気の出る小紋柄。

1211123 012

ビタミンカラーの花柄の小紋。

1211123 011

花のような蝶々のような図案が連なる、かわいらしい小紋。

1211123 016

一枚は持っておきたい、定番の小紋柄。かわいい梅。
                    お嬢様にいかがですか?


当日は、 着丈、身幅、裄、袖丈 のおよその寸法を、
着物1枚1枚に記してありますので、選ぶ際の基準になさってください。

1211123 032

えびす講では、襦袢も正絹でご用意しておりますので、
洗い替えにもう1枚・・・どうぞご覧下さいませ。

ではまた追って、ご紹介してまいりま~す。(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

いがらまんじゅう?? 

振袖展 にお越しの皆さま、ご来店誠に有難うございました。

いよいよ次は えびす講 の準備に入ります!

と、その前に先日いただいた和菓子について。

1211120 005

こちら、いがらまんじゅうというそうで、
                名古屋出身の私は始めての目  にしました。

こしあんの詰まった白いお餅に黄色く着色されたもち米がくっついています。

中と外の食感の違いが面白く、もつもつと食べてしまう美味しいお菓子でした。

石川県以外ではあまり見られない和菓子のようですね。

121116 007

さて、クリスマスも近いということで、

         ディスプレイもクリスマスバージョンに変身!

121116 002

 着丈:148 
 身幅:58      お袖が現在の標準丈ほどで、
 裄 :62      元禄袖と呼ばれる丸みを帯びた形になっています。
 袖丈:49

121116 003

紫地に細かい花の帯で亀甲柄を表したものですが・・・

                    リースに見えませんか?

121116 004

同系の紫をもつ大正ロマンな帯を合わせてみました。


それでは、えびす講 のご案内です。

日 時 11月30日(金)~12月2日(日)
      午前10時~午後6時まで
場 所 アトリエ理
駐車場
 アトリエ理駐車場及び、くまのパン屋さんと酒屋さんの間の駐車場


昨年同様、お着物、帯、小物類を 全品5000円 で提供させていただきます。
1000点ほど集めてまいりましたので、きっとお気に入りのお品が見つかると思います。

ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、ご来店くださいませ。

次回より、ブログで商品のご紹介をしてまいります。お楽しみに!(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

振袖展明日まで 

雨、また降り始めましたね。

北陸は雨が多いって、本当ですね。

121116 001

さてさて、振袖展は、 明日まで です。

玄関では、こちらの鮮やかな紫のお振袖がお迎えします。
水辺を飛ぶ鶴と花々。
可愛らしいピンク地の鼓の帯と、ベージュ地の鳳凰の帯を合わせて。

121114 009

こちらのブルーグレーのような渋いお色目のお振袖、個性的です。

流れるようなラインがステキです。

同色系の丸く抽象的に描かれた菊の帯も目を引きます。

121114 010

友禅のこちらの優しいお色目のお着物も、スタッフOさんのオススメです。

1月に成人式のある方には、ご一緒にシルバーフォックスのファーもいかがですか?

121114 003

こちらは、見事なまでの満開の枝垂れ桜。迫力があります!

121114 012

こちらが目玉の 千總の振袖 です。

しなだれる花々を四角く窓のように切り取って、カルタのようになっています。

この黒・・・ 深い です。
                   ぜひ実際に目にしていただきたいお色です。


ぜんざいも始めましたので、お茶がてらぜひ遊びに来てください。 (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

振袖は華やかだぁ 

最近ずっと荒れ模様ですね。

今朝も出勤すると、庭のあちこちに霙?が残っていました。

121115 002

屋根に残る霙。

121115 003

庭先に育つ万両の実が赤くなってきているのを発見!

お正月も近いですねぇ。

121115 001



さて、明日からの振袖展のご紹介です。

こちら加賀友禅の押田正一郎氏

121108HP振袖展 観世水(かんぜみず)に鴛鴦。

定番の柄ですが、鴛鴦の顔が美しい・・・

流れる水は常に変化し、新しい。
立派に成長し、成人を迎えるお子様の姿に重ね合わせて。




こちらも加賀友禅、古田芳彩氏

人間国宝 木村雨山 画集加賀友禅唯一の人間国宝【木村雨山氏】の愛弟子でいらっしゃいます。

121108HP振袖展3 「雲取花車に春草」

黒とクリーム色の配色が美しく、

なかなかないのでは?と思われる、つくしやタンポポの図案。

どこにでも生えて、生長するタンポポ。
成長早く、生命力のあるつくし、スギナ。

親の願いを感じるなぁ。ステキ。


121114 007

こちらは大胆な束ね熨斗の文様。

華やかです。目立ちます!

かなり・・・好きです。

121114 004

こちらはアンティーク振袖のご紹介です。

なんとも言えず、お色目がステキです。
現代物と並ぶとその色の優しさが際立ちます。

染料の違いでこんなにも違うんですね。必見です!

立派なアンティーク丸帯もご用意しております。

121114 005

そしてそして~

こちらお買い得商品のコーナーです!

正面のお着物は現代物なのに、アンティークの風合い。
成人の方でなくても、13参りの方でもいけそうです!



他にも千聰の黒振袖もあります。
あの深い黒を、ぜひ直接  お確かめ下さい!

オーナーが黒が好きで、京友禅の黒などもいろいろ揃ってます。


華やかな振袖展は明日から です。

明日は久しぶりにお天気もよさそうです。

ぜひ皆さまお越し下さいませ。(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

振袖展、今週金曜日からです! 

大変な荒れ模様のお天気です。

落雷に霰、時々強く降りつける雨。冬の到来ですね。


さて、今週金曜日~日曜日にかけて、振袖展を行います。
ただ今その準備の真っ最中でございます。

121114 001

その中から一部をご紹介いたします。

121108HP振袖展2

紅型  城間栄順(城間家15代目)

かつて琉球王国を華やかに彩った紅型は、王家や士族など特権階級のものだったがゆえに、
廃藩置県後、消滅の危機に瀕しました。
戦争が追い討ちをかけ、焦土となった沖縄で、戦後、紅型の復興にいのちをかけた
先代、栄喜さん。
息子の栄順さんは、父の執念に向き合い、共に歩みながら、復帰の大波を乗り越えて、
日本の着物文化に紅型の大輪の花を咲かせた。本家から引き継いで十五代目。
古典柄を大切にしつつも、沖縄ならではの柄を生み出していく栄順さんの振袖は必見です。

121114 006

こちらは赤コーナー。

こちらの赤は、グレーと濃い茶色で大胆に切り取られた図案になっています。
描かれている花や扇面は古典的なのに、面白い構図です。

121114 008

こちらは青コーナー。

鮮やかなブルーに桜が散らしてあります。
桜柄の帯を合わせて。


襦袢や帯がセットになった商品もございますので、
是非一度ご来店くださいませ。

華やかな振袖展は

日時:11月16日(金)~18日(日)
   午前10時~午後6時まで
場所:アトリエ理にて


また随時ご紹介してまいります。(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

笑い声あふれる着付け教室 

先日の土曜日に行われました着付け教室。

正面の飾り付けにはアンティークの訪問着、春秋柄を飾ってみました。
梅に藤にテッセン、笹に牡丹に菊、紅葉。スバラシイ!

実は気に入っているのは、地模様に入っている菊の葉・・・なんですが・・・写ってないデス。

見に来てくださ~い写真では写すの難しいです。

121113 001

帯には素敵なのでよく登場する紫のボカシに紅葉の花の丸。

121113 002

いいあんばいに、シマシマです。

121113 003

そして着付け教室。
着付け終わったら、「写真とろうさー」となっており、
皆さまメイクまでなさってました。

キマってます!

121113 004

最後に皆さんでパチリ!

お二方は、そのままお着物でお帰りになりました。

デートかしら?
そうであってほしい!お着物でジャンジャン外に出ていただきたいです

お疲れ様でした。
次回の着付け教室は11月24日(土)14:00からです。

お待ちしております。
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

蟹の季節です。解禁です! 

6日に解禁された蟹漁。 

もう皆さんの食卓には並びましたか?

オスの加能ガニはなかなか手が届かないお値段ですが、
メスの香箱ガニは、味良し、香り良し!値段良し!

初めて食べたときは感動したなぁ~

ただ、小さいだけに食べるのに手間がかかる!

カニの食べ方も分からない都会っ子(自称)の自分は、
香箱ガニを調理してもらったものを食すのみ・・・いや、今年こそは自分でするぞ 

121107 004

さてさて、こちらは大文字草。

121107.jpg

ホンマに「大」の字や~ 可憐~

初めて家庭用デジカメでも接写できることに気付きました。きれいに撮れてますでしょ?

121107 005

こちらは紅葉柄の訪問着になります。

 着丈:164
 身幅:60
 裄 :67
 袖丈:49

121107 006

薄紫地にハラハラと紅葉の葉が舞っている様子。

花びらのように見える部分は、鹿の子絞りになっていて金糸で縁取りしてあります。

シンプルすぎるかと思いきや、かっわいい~

121107 001

こちらは久しぶりに入荷しましたアンティークの訪問着。
 
 着丈:159
 身幅:60
 裄  :62
 袖丈:66

121107 002

サーモンピンク地に扇と春秋の花々。とっても華やかです。

121107 003

こちらは結構ショッキングなピンク地に菊を抽象化した小紋。

 着丈:147
 身幅:56
 裄 :62
 袖丈:60

とってもかわいいのに・・・着丈が短いです。

ツイタケで着ても、164cmの私には無理かな~着丈150cmは欲しいところ。

ぜひ背の小さい方にお召しになっていただきたい一品です。 (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

季節の九谷焼!クリスマスバージョン 

11月に入り、天気もいよいよ冬型になってまいりました。

今年ももう残すところ2ヶ月をきりましたね。早いものです・・・

さて、今回ご紹介するのは季節の九谷焼クリスマスバーションです。

季節物の九谷焼って少なくないですか?
遊び心ある絵皿で、お部屋に、食卓に彩りを添えてみませんか? 

こちらの絵皿、九谷焼の作家さんが1枚1枚丁寧に描いてくださっています。

九谷焼12月サンタ1

こちら、サンタさんがソリを引いています。

雪だるまも靴下持って、プレゼントを待っていますねぇ。

九谷焼12月サンタ2

裏にも描きこみがあります。

さて、雪だるまは全部で何体あったでしょう??

九谷焼12月リース1

こちらはクリスマスの飾りが下がっている様子。

実はこれ、着物の帯の柄を写していただいたんですよ。

九谷焼12月リース2

裏はこんな感じ。前面のリースが後ろで束ねられています。

季節の九谷焼 002

サンタさんのお皿に「あたり前田のクリケット」を置いてみました。
いかがですか?大きさの感じ分かります?

大きさ 横16cm×縦11cm
形状  左すぼまりの楕円形
お値段 1枚 1750円(税込)
送料  別途

アトリエ理にて予約承ります。(:0761-72-6565)

飾って良し、使って良しの九谷焼絵皿。
お店でも展示しておりますのでぜひ見に来てくださいね~(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

霰が降りました! 

アトリエ理でもストーブに火が入りました
寒くなりました~

今日は何やら窓がパチパチいっているので
ハタと見ると・・・霰です!

121101 010

さてさて、新しく入荷ありましたので商品のご紹介です。
こちら、ピンク地に淡いブルーの暈し、スワトウの刺繍が施されております。

121101 009

優しいお色目で、刺繍もとっても繊細です。

121101 011

こちらは相良刺繍の訪問着。
上記、スワトウ刺繍、蘇州刺繍と並ぶ、中国三大刺繍の一つです。

121101 013

均一に玉結びをしながらの刺繍。大変な技術を要します。
3つの中でももっとも丈夫な刺繍にあたります。

121101 014

こちらは紫地に正倉院文様の花柄のような染が入っております。
立ち上る雲のような・・・とっても妖艶な雰囲気ではないですか?

121101 015

着るとどんな感じになるのでしょう??

121101 004

こちらは虫食いの友禅染め、花は芍薬?牡丹でしょうか。

121101 005

他にも続々と入荷いたしましたので、また追ってご紹介してまいります。

今日は荒れ模様ですが・・・どうぞ皆さまのご来店をお待ちしております。

ではでは着物の整理に行ってまいります  (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。