03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

お嬢様風 

皆さん、こんにちは(*^^*)



今日も「花子とアン」の葉山蓮子さんが着ていそうな着物シリーズです。
P1000676.jpg

P1000677.jpg
今時期の藤の着物に、花車の名古屋帯をしてお嬢様らしくしてみました。


もう一枚は、
P1000674.jpg
着物の色味は上の画像の方が近いです。↑

P1000681.jpg
お花で亀甲をかたどったような模様に、優しいピンク地の名古屋帯を合わせました。


どうでしたか(*'ω'*)


なんとなく着ていそうな雰囲気は醸し出せていましたか。



これからも「花子とアン」のお着物には注目ですね。   (T)

P1000671.jpg
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

蓮子さま 

皆さん、こんにちは(*^^*)


「花子とアン」見ていますか


そこに登場する仲間由紀恵演じる「葉山蓮子」の着物が素敵なので、お店にある着物でなんとなくですが再現してみました。



他の生徒さんは赤や臙脂といった暖色系の着物を着ている中、蓮子さんは青や紫の着物が多いですね。
P1000636.jpg
蓮子は花柄の着物に花柄の帯を合わしていましたが、ここでは少し変えて、南蛮船の名古屋帯をしてみました。
昔はまだ見ぬ異国への憧れを込めて、ハイカラなモチーフとしてよく描かれていました。


P1000637.jpg


半衿もアンティークの刺繍のものになります。
P1000638_20140426170743610.jpg


今回は色味だけで再現しましたが、生地までこだわろうと思うと、蓮子さんの着物は錦紗縮緬のような風合いが出ていますので、また次は細部にまでこだわって再現してみたいと思います。


やっぱ華族は違うな~( ゚Д゚)    (T)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

糸巻き 

皆さん、こんにちは(*^^*)


このところ天気はいいのですが、室内はまだまだ肌寒いですね



今日は、少し粋な訪問着をご紹介!
P1000629.jpg


P1000631_2014042410151632a.jpg
糸巻き文様です。


その昔、長い糸に長寿や子孫繁栄の願いを込め、お嫁に行くときに、糸巻き文様の着物や帯をもたせたようです。


縁起が良く、可愛らしいので図柄なので女児の着物にも良く見られますね。



薄グレー訪問着
P1000633.jpg
日本人のやや黄味がかった肌を、一番きれいに見せてくれるグレージュのような色味。


淡く優しい暖色系の色味が、ちょこ、ちょこと入っていて少し華やかに、とっても上品な一枚です。



玄関に生けられた小手毬(コデマリ)
P1000634.jpg
こぼこぼに咲いています。


別名 鈴掛(スズカケ)
鈴懸の径(すずかけのみち)の鈴懸はプラタナスの事で、全く別物になります。

con_img03.jpg
鈴掛とは、修験者が羽織っている上衣で、胸にポンポンが縦2列で並んでいるコレのことです↑↑


とってもかわいいですね


お茶がてら、コデマリを見にいらっしゃりませんか~   (T)





未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

4/12(土)花見舟のご報告 


遅くなりましたが、先週の花見舟のイベントのご報告で~す

お店でランチをしたら早速お出かけ。

P100061101.jpg

とってもお天気にも恵まれ、晴れやか~にお出かけです。

                皆様とっても素敵です~

P100061302.jpg

アトリエ理のお着物、帯をしていただいている方もいらっしゃいます。

               さて、誰でしょう??  ヒントはアンティークです。

現代のお着物にもアンティークの帯、合いますね~ 

P100061403.jpg

お店から徒歩で10分弱の所に、お舟の乗り場があります。

         この日もたくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

P100061604.jpg

涼やかな春の風に、桜の花びらが舞う中を舟は進みます・・・

           いい笑顔ですね~ きもちいいですね~

本来は静けさのなかをゆく舟なんですが、

この日は加賀神明宮の桜祭りの日でもあったせいか?

音楽が聞こえるな~と思ったらビックリ!

土手の所で若い(?)あんちゃんがエレキギターで演奏してるじゃないですか(笑)

P100061905.jpg

大聖寺藩のお殿様の為の避暑地、長流亭の辺りまで舟は参ります。

P100062106.jpg

船頭さんも慣れたもの。

エレキの音が聞こえなくなった辺りから、舟唄を歌ってくださいました。

P100062307.jpg

船頭さん、いい歌声をありがとう。  記念にパチリ


花見舟の後、お抹茶に桜餅を添えて召し上がってもらいました。

実はこの日、花見団子をご用意していたのですが、

お弁当届いたら、中に小さな花見団子っっ!!

うわーっ  かぶったーってことで、急遽桜餅をゲット

この日のお菓子は、げんば堂さんのをご用意しました。



ご来店ありがとうございました。

また楽しい企画を考えておりますので、ぜひまたご参加くださいね! (N)



未分類  :  trackback 0   :  comment 1  : 

結婚写真 

先日、桜満開の中行われたアトリエ理での結婚写真撮影


P1000587s
まずは、花嫁さんのお着付け


この後に嫁入り舟出発という時間が限られている中、いつもI先生は素早く丁寧に仕上げて下さいます。


アンティークというもろい生地の着物に、分厚くて短い丸帯、身丈や裄が合わないといった全てが現代人にそぐわない着物をあたかも誂えたかのように着付けをする、神の手を持ったようなお方です。



「遅くて丁寧な仕事は誰でも出来る、早くてきれいな仕事をしてほしい」とR先生の口癖ですが、それがまさにI先生のことだなぁと思います。


P1000590s
仕上げに生花を付けていきます。

お母様がお好きな「菊」づくしですね。


横顔もお母様そっくりの美人さんです(*^^*)



P1000591s
ささっ、早く新郎さまに逢いに行きましょう


P1000601s
身長差も丁度いい、お似合いのお二人


この後、お色直しで花嫁さんのお祖母様の振袖を着てお食事をしました。


写真はありませんが、それはそれは素晴らしいアンティークのお振袖でございました


K様、T様、長い撮影お疲れ様でした(*^^*)


また、お二人で遊びにいらしてくださいね
                                 (T)









未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

加賀友禅展開催 4月12日(土)~20日(日) 

いよいよ大聖寺の桜も満開を迎えようとしておりますが、

今日は花冷えです。

お昼頃の少雨で、あれよと身体が冷えていきます。

季節の変わり目、皆様お気を付けくださいませ。


さてさて、今週末からアトリエ理では、加賀友禅展 を行います。

P1000604.jpg

玄関では、桜満開の友禅でお迎えいたします。

P1000605.jpg

来年3月開業の北陸新幹線の金沢駅舎が、加賀友禅で彩られるそうです。

それを制作したのは百貫俊夫先生と、毎田健治先生。

アトリエ理にも両先生のお着物が数多くございますので、

今回お隣同士で展示させていただきました~

金沢駅舎が出来上がる前に、ぜひ一度先生方の作品をご覧になりに来てください

P1000606.jpg

お仕立て上がりのお値打ちなものも、いくつがご用意いたしましたので、

                         是非お手に取ってご覧ください。

P1000607.jpg

沢山の作家さんの作品が一堂にご覧いただけるので、まさに圧巻!

      仮絵羽の訪問着が数多く揃っております 

P1000608.jpg

加賀友禅の振袖もございます。

大聖寺のお花見とともに、お着物のお花見もぜひどうぞ。

喫茶もございますので、ご休憩にいらしてくださ~い (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。