08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

時代引き振袖展 

振袖展も沢山の方々に来て頂き、誠にありがとうございました!


お次のイベントは毎年恒例、大聖寺地区での文化の祭典に併せ、アトリエ理では幕末から昭和初期の時代引き振袖を展示します。


クラビズムs

展示期間 10月11日(土)~19日(日) 




同時に「大人女子も振袖を着よう会」も開催致します


アラサーからアラ還の方々是非、ご予約お待ちしております。
時代結婚 060s
時代結婚 066s
アンティーク着物 011s
※イメージです


振袖着よう会 10月18日(土)
         11:00  アトリエ理集合
         12:00  大聖寺で美味しいランチ♪
         13:30  大聖寺の町を散策 
               大聖寺地区文化の祭典の日なので、町中で催し物があります。
         15:30頃 アトリエ理帰路~自由解散

場 所  アトリエ理 
参加費  実費(1000~3000円程)
着付けが必要な方 2000円 ※事前にお知らせください。
ヘアメイクセットはございません。
申込み締切は、9月末までにお願いします。
メール→ atelier@rii.co.jp  TEL→ 0761-72-6565


お一人様からご友人、母子での参加など、ご予約お待ちしてまーす(*^^*)  (T) 

           

         

スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

珍しいアンティーク振袖 

いよいよ秋めいてきましたね。
        着物が恋しくなる季節です。

先日の十万石まつりのお煎茶の会は、とても気持ちのいい日でした。

お庭に咲く花、設えの花々と果実、そして主菓子には「野菊」が・・・。
季節を感じさせてくれ、おもてなしの心を教えて下さるひと時でした 


さて、アトリエ理で始まっている振袖展の中から、アンティーク振袖のご紹介。

P1000961.jpg

水色地、御所車の落ち着いた色の中に優美な世界。

P1000962.jpg

  着丈:154cm
  身幅:58cm
  裄:  62cm
  袖丈:102cm


P1000963.jpg

帯には可愛らしい赤の映える檜扇の丸帯を合わせてみました。

P1000964.jpg

こちらも水色地、水辺に花開く大胆な杜若。

              4月の成人式の方にはピッタリですね!

P1000965.jpg

  着丈:158cm
  身幅:60cm
  裄:  64cm
  袖丈: 99cm


P1000966.jpg

かつての女子のお遊び、貝合わせの丸帯。

P1000967.jpg

そして、杜若の緑に映えるグリーンを交えた落ち着いた扇模様の丸帯。


いずれもアンティークの商品になりますので、大変希少なものです。

人とは違ったものを・・・とお考えの方、ぜひ一度ご来店くださいませ。

今のものとはまた違った独特な色の世界がご覧いただけますよ。  (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

こだわりの振袖展 

9月13日から始まる振袖展をちょこっとご紹介(*^^*)


P1000947.jpg
城間栄順 紅型(城間家15代目)


北陸ですが、紅型のファンも多いですね(*^^)


晴天によく映えるパキパキっとした色合いに憧れるのでしょうか。
ここでは殆どが曇天が雨雪なのでね・・・。


P1000949.jpg

P1000950.jpg

P1000951.jpg
加賀友禅から京友禅、その他各色取り揃えていますので、この機会に是非お越しくださいませ~。 (T)


未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

単衣の季節 

皆さん、こんにちは(*^^*)


そろそろ単衣の季節となってきました


今はまだ残暑が厳しいので薄物、9月9日の重陽の節句を区切りに単衣の着物に替えていけたらいいですね。


アンティークの単衣達。
P1000945.jpg


右下の桔梗の横に鈴虫がいます。
P1000946.jpg
葉の下にも薄っすらと桔梗が暈されているのが分かりますか?


アンティークの単衣は約180点、現代リサイクルの単衣は約20点( ゚Д゚)


単衣の着物は一枚は欲しいものですよね


これだけあれば、きっとあなたに似合うもの、見つかります   (T)


未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

十万石まつり 皇風煎茶禮式 

来る9月の大聖寺、十万石まつりの協賛企画で、

2日目の14日(日)午前10時~午後2時、

蘇梁館にてお煎茶のお茶会があります。

お抹茶は行ったことあるけど、お煎茶は初めて!という方も、

お抹茶とは違う設え、おもてなしを、ぜひ五感で楽しんでください。

お茶券500円、当日券もあるそうですので、お気軽にお立ち寄りください。

260914お茶会



蘇梁館:橋立の北前船主の中でも最大の勢力を誇っていたのが久保彦兵衛家。
 その六代目彦兵衛は橋立の海を見渡す小高い丘の上に豪勢な住宅を天保十一年(1841年)に建て、
 その主屋がここ大聖寺に移築復元され、「蘇梁館」として蘇りました。
 大聖寺藩主もたびたび訪れたという久保家の離れは、金沢・長町武家屋敷跡の見所の一つ、
 「武家屋敷跡 野村家」へ昭和初期に移築されています。
 どうぞその歴史的建造物もお楽しみください。

(N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。