09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

いいね!アンティーク帯 

こんにちは。
早速ですが、アンティーク帯のご紹介、いきます。

名古屋帯¥8000P1010089.jpg

赤地でかわいらしいですが、華やかな一品。
鳳凰に枝垂れ桜、菊、牡丹など。年中使えますね。
あっさりとしたお着物に合わせられると帯が引き立ちます。

P1010088.jpg名古屋帯¥7000

エンジに桐の柄。5月頃がよろしいでしょうか。
葉っぱの地模様が面白いです。

名古屋帯¥7000P1010086.jpg

赤黒金が個性的な竹柄。
カッコよくきめていただきたい!

P1010085.jpg名古屋帯¥7000

やわらかなピンク地に牡丹。牡丹。牡丹?
えーっと、牡丹の葉っぱには切れ目があって・・・はい。
こちらは牡丹のお花ですね。はっきりと。
時期的には5月頃がベストですか。
            ・・・かわいい。 好きや~

名古屋帯¥7000P1010084.jpg

薄ピンク地に花車。どの時期でもOKです。

P1010083.jpg名古屋帯¥7000

ベージュピンクの地に牡丹、牡丹、牡丹?
ちょっと抽象的ですが、牡丹と思われます。

名古屋帯¥7000P1010081.jpg

黄緑の地に抽象柄。ブドウのような実ものが見られます。
赤茶系?えんじ?系のお着物に合うかなと思います。

毎日着物を着ていると、やはり袋帯に比べて名古屋帯は楽ちん!

またどんどんご紹介していきますね~  (N)
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

今日もアンティーク♪ 

今日も、アンティークをドンドンご紹介(*^^*)


P1010071.jpg
P1010073.jpg
大輪の菊の花びらに、様々な模様が描かれています。


アンティークの黄色は数少ないので、大人としても、子供用としても人気のあるお色です。

身丈 148
身幅 60
裄  63
袖丈 63.5
¥32,000-
(・おはしょり有で着たい方 153㎝まで  ・対丈でも着たい方 163㎝まで) 


P1010074.jpg
P1010075.jpg
白地の縞の中に、牡丹や菖蒲、橘などが描かれていています。


背に汚れが少し有ります。

身丈 154
身幅 61
裄  65
袖丈 67
¥22,000-
(・おはしょり有で着たい方 159㎝まで  ・対丈でも着たい方 169㎝まで)


P1010077.jpg
P1010078.jpg
羽ばたいております。

タンチョウです。

シックなんだけど、ド迫力!

身丈 154
身幅 58
裄  62
袖丈 53
¥22,000-
(・おはしょり有で着たい方 159㎝まで  ・対丈でも着たい方 169㎝まで)


P1010080.jpg
これはベレー帽なんかかぶって、ちょっと短めに着て楽しんでほしいですね(*^^)


着物に花柄がないので、帯で季節感を出してもいいし、抽象的なものを持ってきてもまた素敵♡

身丈 152
身幅 57
裄  65
袖丈 62.5
¥12,000-
(・おはしょり有で着たい方 157㎝まで  ・対丈でも着たい方 167㎝まで)

(カッコ内)の対応身長はあくまでも標準体型での目安です。
細身だったり、短めに着たりする方等で多少前後します。


今度はアンティーク帯をUPしますね~  (T)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

やっぱりアンティークが好き! 

皆さん、こんにちは(*^^*)


今回は、アンティーク小紋をご紹介♪
P1010049.jpg
P1010065.jpg
※地色は上の画像が近いです。

白・黒・グレー・赤のお召の市松!


こんな単純な柄が大好き!


写真写りなんて抜群にいい!

身丈 155
身幅 60
裄  64.5
袖丈 57
\24,000-
(・おはしょり有で着たい方 160㎝まで  ・対丈でも着たい方 170㎝まで)

P1010062.jpg
P1010064.jpg
※地色は下の画像が近いです。

赤紫地に扇面花丸紋


生地の織が変わっていて、初心者さんには滑らず着やすそうな一枚です。

身丈 158
身幅 59
裄  62
袖丈 70.5
\15,000-   
(・おはしょり有で着たい方 163㎝まで  ・対丈でも着たい方 173㎝まで)


P1010057.jpg
P1010061.jpg
※地色は下の画像が近いです。

かっこいい紅葉のみの着物です。

軽く上質な一枚です。

身丈 153
身幅 61
裄  64
袖丈 60
\28,000-
(・おはしょり有で着たい方 158㎝まで  ・対丈でも着たい方 168㎝まで) 

P1010053.jpg
P1010056.jpg
上品なグレー地の菊文様です。


袖丈も長いので、袴に合わせても素敵です

身丈 159
身幅 58
裄  63
袖丈 69.5
(・おはしょり有で着たい方 164㎝まで  ・対丈でも着たい方 174㎝まで) 


P1010050.jpg
P1010051.jpg
流水に車輪紋


よく流水とあわせた柄になっているのは、 当時車輪が乾燥しないように川につけておいたからだとか。


こちらも柄がたっぷり、コッテコテのアンティークです

身丈 156
身幅 61
裄  63
袖丈 68
(・おはしょり有で着たい方 161㎝まで  ・対丈でも着たい方 171㎝まで)  


(カッコ内)の対応身長はあくまでも標準体型での目安です。
細身だったり、短めに着たりする方等で多少前後します。


いかがでしょうか~(*^^)   (T) 







未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

家紋 

皆さん、こんにちは(*^^*)


開催中の時代引き振袖展に展示されている、振袖の家紋をご紹介。
P1010045.jpg
あら!いきなり分からない(;'∀')

調べど調べど出てこない。

どなたか~ご存知の方~教えてくださ~い!

P1010042.jpg
蔦紋 -つたー

これは、石川県でよく見ると言っていいのか、全国的に多いのか、とにかく目にする家紋ですね。

蔦、桐、木瓜、片喰(もしくは剣片喰)は、地域的にか?多いです。


P1010041.jpg
桐紋 -きりー

貸衣装では、この「五三の桐」がよく使われますね。

P1010040.jpg
梶紋 -かじー

これの正式名称は「丸に立ち梶の葉」

私、てっきり柏紋だとばかり思っていました(;'∀')

P1010037.jpg
梅紋 -うめー

これは、金沢でもゆかりの梅鉢紋ですね。


P1010036.jpg
藤紋 -ふじー

下り藤です。

これも日本を代表する家紋なので、よく目にしますね。


P1010034.jpg
桔梗紋 -ききょうー

秋の七草の一つで、女性らしい優しい形です。


P1010033.jpg
茗荷紋 -みょうがー

これは、「丸に抱き茗荷」


う~ん、茗荷が食べたい( ゚Д゚)


P1010032.jpg
蝶紋 -ちょうー

植物が続きましたが、これは「因州蝶」

揚羽蝶のデザインで、左右対称の家紋が多い中ではめずらしいものです。


P1010043.jpg
文字紋 ーもじー

なんという文字かは分かりませんが、四角いものってモダンですよね。


家紋は、時代が古い物になればなるほど大きくなっています。

それと、よくあるのは女性の着物に付ける家紋は「(家の紋は丸付きの家紋だけど)女性は丸なしやね?」と言われるということ。

それは地域の習慣の違いで出てくることで、どちらも間違いではないのです。

そういえば私の場合、実家も嫁ぎ先も同じ「丸に九枚笹」ですが、学生の頃に縫った黒留めの紋はどうしたんだろう・・・
150px-Japanese_crest_Maru_ni_Kumai_Sasa_svg.png

まさか、丸無しの「九枚笹」になっているのだろうか( ゚Д゚)

120px-Japanese_crest_Kumai_Sasa_svg.png
あわわわわ(´゚д゚`)  まぁ間違いではない・・・からいいか。


他に分かったことは、家紋は変えられるという事。

家紋が○○だから自分の家柄がいいとか悪いとか言うことは全くないとのこと。

有名な家と同じ家紋にすれば周りから「あの家の一族か、すごい」と思ってもらえるので、他家にちなんで家紋を○○にする、ということは昔からよくあったことです。

ちなみに現在でも家紋については特に法律もないので変えても別に問題なし。

よほど由緒ある本家と付き合いない場合は、どの紋を使っても支障はないし、何の紋でもかまわないのではないでしょうか。


これを機会に是非、皆様見に来てくださいね~。  (T)











未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

時代引き振袖展 

毎年恒例、大聖寺地区での文化の祭典に併せ、アトリエ理では幕末から昭和初期の時代引き振袖を展示します。


展示期間 10月11日(土)~19日(日)


準備途中ですが、少しだけご紹介(*^^*)

P1010026.jpg

P1010027.jpg

P1010028.jpg

P1010029.jpg

P1010030.jpg

江戸時代(幕末)の高級な江戸縮緬で、美術館には何度かお貸ししている程の価値ある一品の振袖から、明治・大正・昭和初期までの引き振袖が一同に展示されます。


アトリエ理では、主に結婚式や成人式の貸衣装と使われているものです

909s.jpg
1051s.jpg


この機会に是非、お越しくださいませ~(*^^) (T)



未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

秋のコーディネートPart2 

秋です。寒いです。

アトリエ理の床にはホットカーペットが入りました。
どうぞ、あったかいカーペットの上のテーブル席で
              ゆっくりお茶でもいかがでしょうか。

しかし年のせいでしょうか・・・椅子に座っていてもついつい正座をしてしまう私。

では行ってみましょう!秋のコーディネートPart2です。

P1000972.jpg

黄色と黒の絞りの市松模様、梅と紅葉の柄。

派手ですね~  小紋です。

着丈:154cm
身幅:60cm
裄  :63cm
袖丈:49cm

P1000973.jpg

獅子に毬の豪華な刺繍、名古屋帯です。

こわくないです。かわいい顔の獅子です。石川らしい~

P1000978.jpg

緑の竹に絡みつくカラスウリ。

着丈:151cm
身幅:56cm
裄  :62cm
袖丈:56cm

ウリっていっても食べられるわけではないようですね。
でもその種子は打ち出の小槌に似ていることから、
財布に入れておくといいらしい・・・ メモッとこ。

P1000979.jpg

仕立て直してあるようで、状態が非常に良いです。

P1000980.jpg

カラスウリの花は日没から咲くそうな。
そんなこともあってかなくてか、
帯には夕日の山々を映したような名古屋帯を。

さて、今週土曜日11日からはアンティークの引き振袖展をいたします。
結婚式に花嫁さんが着るような、豪華なお振袖です。
一見の価値ありです!どうぞお見逃しなく  (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

 

すっかり秋めいてきました。

もう長袖でないと寒くていけませんね。

着物の恋しくなる季節です。

P1000987.jpg

さて、秋のコーディネイト。

菊と紅葉の訪問着。地色も秋色ですね。

着丈:158.5cm
身幅:60cm
裄  :64cm
袖丈:61cm

P1000985.jpg

こちらはピンク地の細かい橘に桐の花でしょうか。

着丈:150cm
身幅:54cm
裄  :60.5cm
袖丈:63cm

P1000986.jpg

淡いグリーンの織りの名古屋帯、菊に牡丹を合わせてみました。

P1000982.jpg

こちらは鮮やかなブルーに、細かな笹や松、菊、紅葉が描かれています。

こんな細かな柄はとっても上品に見えますね。 

着丈:151cm
身幅:58cm
裄  :61.5cm
袖丈:52cm

P1000983.jpg

板目絞りのようなオレンジ地に、大胆な紅葉柄。

刺繍が施されていて豪華な名古屋帯です。

着物を着て、秋の気候を楽しみませんか? (N)
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。